FX

押し目買いと戻り売りの手法を解説します【トレードで勝つ唯一の方法】

2020年5月3日

「押し目買い・戻り売り」がよくわかりません。押し目買いしてるつもりなんですけど、エントリーすると相場が動かないか、いつも逆行します。押し目買い・戻り売りってどうやるんですか?

 

こんな悩みを解決します。

 

読んでほしい人

・FX初心者
・押し目買い・戻り売りを知りたい人
・押し目買い・戻り売りができない人

 

この記事を読むと...

・押し目買い・戻り売りの理解が深まる
・押し目買い・戻り売りをする場所がわかる
・押し目買い・戻り売りができるようになる

 

この記事の内容

・押し目買い・戻り売りとは?
・押し目買いゾーン・戻り売りゾーンとは?
・押し目買い・戻り売りの手法とは?

 

押し目買い・戻り売りとは?

押し目買い・戻り売りについて下記で解説します。

 

押し目買い・戻り売りってそもそもなに?

まずは、押し目買いからです。

 

押し目買いとは、上昇トレンド中に、一時的に価格が下がったところで買いを入れる手法です。

 

押し目買いができるのは、上昇トレンドのときのみです。

 

こんな感じです。

 

 

同様に、戻り売りとは、下降トレンド中に、一時的に価格が上がったところで売りを入れる手法です。

 

戻り売りができるのは、下降トレンドのときのみです。

 

こんな感じです。

 

 

押し目買い・戻り売りの手法については、後半で解説します。

 

押し目・戻りはなぜできるの?

押し目とは、上昇トレンド中に、一時的に価格が下がることです。

 

なぜ、押し目ができるかというと、買いポジションを持っていたトレーダーが、高値ブレイクで、買いポジションの利益確定の売り(利確)を入れるからです。

 

わかりにくいかもなので、ちょっと整理すると、

① 買いポジションを持つ

② どこで利確しようかとチャートをみてる

③ 高値ブレイクしてきてから、そろそろ利食いしよう

④ 「買いポジションの利確 = 売り」なので価格が下がる

 

この流れを図で表すとこんな感じです。

 

 

同様に、戻りとは、下降トレンド中に、一時的に価格が上がることです。

 

なぜ、戻りができるかというと、売りポジションを持っていたトレーダーが、安値ブレイクで、売りポジションの利益確定の買い(利確)を入れるからです。

 

整理すると、

① 売りポジションを持つ

② どこで利確しようかとチャートをみてる

③ 安値ブレイクしてきてから、そろそろ利食いしよう

④ 「売りポジションの利確 = 買い」なので価格が下がる

 

この流れを図で表すとこんな感じです。

 

 

押し目買い・戻り売りがトレードで勝つ唯一の手法

トレードで勝つ方法は、押し目買い・戻り売りしかないです。

 

スキャルピングだろうが、デイトレードだろうが、スイングトレードであろうが、

エントリーする時間足、ポジションの保有時間が違うだけで、

どのトレードスタイルであろうと、押し目買いと戻り売りでしか、FX相場で勝ち残ることができないです。

 

理由は簡単で、レンジ相場より、トレンド相場のほうが簡単ですし、大きく利益が取れるからです。

 

なかには、レンジ相場のほうが得意というトレーダーもいるかもですが、初心者のうちは、レンジトレードは捨ててOKです。

 

FXのトレンド相場で、押し目買い・戻り売りを極めていけば、勝てるようになりますよ。

 

押し目買いゾーン・戻り売りゾーンとは?

最初に、押し目買いゾーン・戻り売りゾーンという言葉は、私が作った言葉ですので、ググってもでてこないです。笑

 

押し目買いゾーンとは、押し目買いをするゾーンのことです。

 

 

同様に、戻り売りゾーンとは、戻り売りをするゾーンのことです。

 

 

押し目買いゾーン・戻り売りゾーンには、3つの候補があるので、その探し方を下記で解説します。

 

押し目買いゾーン・戻り売りゾーン候補の探し方

まずは、押し目買いゾーンの候補からです。

押し目買いゾーンの候補

① 最後の押し安値と直近の高値
② フィボナッチ50% - 61.8%
③ ネックラインと波の起点

 

これらを1つずつ解説していきます。

 

① 最後の押し安値と直近の高値

● 手順

・最後の押し安値を探す
・直近の高値を探す
・これらの間を押し目買いゾーンとする
(下記、図中の青)

 

 

実際のFXチャートでは、こんな感じです。

 

 

② フィボナッチ50% - 61.8%

● 手順

・波の始点から波の終点に向けて、フィボナッチリトレースメントを当てる
・フィボナッチ50% - 61.8%の間を押し目買いゾーンとする
(下記、図中の青)

 

 

実際のFXチャートでは、こんな感じです。

 

 

③ ネックラインと波の起点

● 手順

・ネックラインを探す
・ネックラインをブレイクした波の起点を探す
・これら間を押し目買いゾーンとする
(下記、図中の青)

 

 

実際のFXチャートでは、こんな感じです。

 

 

同様に、戻り売りゾーンの候補は、

戻り売りゾーンの候補

① 最後の戻り高値と直近の安値
② フィボナッチ50% - 61.8%
③ ネックラインと波の起点

 

これらを1つずつ解説していきます。

 

① 最後の戻り高値と直近の安値

● 手順

・最後の戻り高値を探す
・直近の安値を探す
・これらの間を戻り売りゾーンとする
(下記、図中の赤)

 

 

実際のFXチャートでは、こんな感じです。

 

 

② フィボナッチ50% - 61.8%

● 手順

・波の始点から波の終点に向けて、フィボナッチリトレースメントを当てる
・フィボナッチ50% - 61.8%の間を戻り売りゾーンとする
(下記、図中の赤)

 

 

実際のFXチャートでは、こんな感じです。

 

 

③ ネックラインと波の起点

● 手順

・ネックラインを探す
・ネックラインをブレイクした波の起点を探す
・これら間を戻り売りゾーンとする
(下記、図中の赤)

 

 

実際のFXチャートでは、こんな感じです。

 

 

押し目買いゾーン・戻り売りゾーンの注意点

注意点は、「ゾーン = 価格帯 = 2本の平行線」でみていることです。

 

そのため、押し目買いゾーン・戻り売りゾーンをFXチャートに描くには、正しく水平線を引く必要があります。

 

水平線の引き方は、FXチャートに水平線を正しく引く方法【ぶっちゃけすごく簡単です】の記事で詳しく解説しています。

 

押し目買い・戻り売りの手法とは?

ここからは、押し目買い・戻り売りの手法についてです。

 

1番おいしいところから順番に解説していきますね。

 

【激熱】押し目買いゾーン+移動平均線+プライスアクション

1番おいしい激熱な押し目買いは、下記3つの条件が揃ったときです。

・押し目買いゾーンに価格が到達
・21期間の移動平均線にタッチ
・反転サインのプライスアクション出現

 

順番に解説します。

 

最初に、押し目買いゾーンに価格が到達したかを確認する

まず、下記3つの押し目買いゾーンのいずれかに価格が到達したかを確認します。

① 最後の押し安値と直近の高値
② フィボナッチ50% - 61.8%
③ ネックラインと波の起点

 

①②③のどれかに価格があるということは、ここから買われる可能性が高いことを示しています。

 

 

次に、21期間の単純移動平均線に価格がタッチしたかみる

初心者のかたであれば、4時間足の単純移動平均線を使うのをおすすめします。

 

期間は、21期間にして、FXチャートに表示させましょう。

以下、21期間の単純移動平均線を21SMAと略す。

 

21SMAは、押し目買いのサインとして使うトレーダーが多いので、価格が21SMAにタッチすると、ここから買われる可能性が高くなります。

 

 

注意点は、そこまで厳密にタッチしたかを確認する必要はないです。

21SMAにギリギリタッチしてなくても買われることがあるので、細かくタッチしたかをみる必要はないですよ。

 

最後に、反転サインのプライスアクションが出現したか確認する

反転サインのプライスアクションとして使うのは、下記の2つです。

・ピンバー
・はらみ足

 

 

 

押し目買いゾーンに価格が到達して、21SMAにタッチして、ピンバーかはらみ足がをブレイクしたら激熱のエントリーポイントになります。

 

 

まとめると、

① 押し目買いゾーンに価格が到達したかを確認する
② 21SMAに価格がタッチしたかを確認する
③ ピンバーかはらみ足の出現を確認する

 

これら①②③を確認後、エントリー方向に「ピンバー」か「はらみ足」をブレイクしたら激熱のエントリーポイントですよ!

 

【熱】押し目買いゾーン+プライスアクション

上記の激熱パターンに、移動平均線が絡まないのがこちらです。

 

移動平均線まで価格が下がらずに、買われるパターンです。

① 押し目買いゾーンに価格が到達
② プライスアクション出現
(※ 移動平均線まで価格が下がってきてない)

 

実際のチャートでは、こんな感じです。

 

 

初心者の方であれば、この「押し目買いゾーン + プライスアクション」のパターンは、やらなくてもOKです。

 

まとめ

ちょっと長くなったので、最後にまとめです。

 

・押し目買い・戻り売りがトレードで勝つ唯一の方法
・押し目買いゾーン・戻り売りゾーンは3つある
・押し目買い・戻り売りの手法

 

3つの押し目買いゾーン

① 最後の押し安値と直近の高値
② フィボナッチ50% - 61.8%
③ ネックラインと波の起点

 

3つの戻り売りゾーン

① 最後の戻り高値と直近の安値
② フィボナッチ50% - 61.8%
③ ネックラインと波の起点

 

【激熱】押し目買いの手法

① 押し目買いゾーンに価格が到達
② 21SMAに価格がタッチ
③ ピンバーかはらみ足の出現

 

【激熱】戻り売りの手法

① 戻り売りゾーンに価格が到達
② 21SMAに価格がタッチ
③ ピンバーかはらみ足の出現

 

この記事を参考に、チャート上に押し目買いゾーン・戻り売りゾーンを描く練習をしましょう。「ゾーン = 価格帯 = 2本の水平線」なので、正しい水平線が引ける必要がありますよ。

>> FXチャートに水平線を正しく引く方法【ぶっちゃけすごく簡単です】

-FX
-, ,

Copyright© Shiggy Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.