FX

FXのトレードルールを作っても、守れないし、崩壊します【経験談】

トレードルール通りにエントリーしても、うまくいくときとうまくいかないときがあります。エントリールールがコロコロ変わるときもあって、迷宮入りしそうです…

 

こんな悩みを解決します。

 

読んでほしい人

・エントリールールが機能しない人
・エントリールールを無視する人
・エントリールールがコロコロ変わる人

 

この記事を読むと...

・トレードルールの作り方がわかる
・トレードルールの守り方がわかる
・トレードルールが崩れる原因がわかる

 

この記事の内容

・【FX】トレードルールとは?
・【FX】トレードルールを作る
・【FX】トレードルールを守る
・【FX】トレードルールが崩れる

 

 

【FX】トレードルールとは?

トレードルールとは、トレードするときのルールです。FXのトレードはビジネスと一緒なので、トレード戦略とトレードルールが必要です。

 

環境認識をしてトレード戦略を立て、トレードルールに従ってエントリーしていくといった流れがFXのトレードになります。

朝起きて環境認識をすれば、FXトレーダーの仕事はほぼ終了です

続きを見る

 

トレードルールが必要な理由

 

言うまでもなく、トレードルールは絶対に必要ですよね。「なんとなく上がるっぽいからロングしてみた」だと、たまたま勝てたかもですが、勝ち続けることは不可能ですね。

 

トレードルールが必要な理由は2つです。

① 根拠を明確にするため
② 再現性が必要なため

 

順に解説します。

 

① 根拠を明確にするため

エントリー根拠を明確にするためにトレードルールが必要です。FXのトレードは感情的になったら必ず負けます。

 

・なんとなく上がりそう
・こっちぽい
・負けて悔しいから

 

など、感情的な理由でトレードしていては、いつまで経っても成長がありませんよ。

 

・上昇トレンドだからレジサポラインで押し目買い
・移動平均線と切り番107円のクロスでショート
・2番底で15分のダウが崩れたところロング

 

みたいに、感情的であいまいな理由ではなく、ロジカルな根拠でエントリーしましょう。

 

② 再現性が必要なため

再現性が必要なためにトレードルールが必要です。再現性とは、同じ事象が繰り返し起こることです。

 

「たまたま勝てた」では意味がないので、「次同じような場面でエントリーしても勝てるか?」といった視点でトレードするといいですよ。

 

再現性があるトレードができるようになると、「またこのパターンね」といった感じで相場を見れるようになります。

 

「このパターンなら負けない」といった自信にもつながりますので、再現性があるかといった視点でトレードしてみてください。

 

【FX】トレードルールを作る

 

トレードルールは、人それぞれ異なります。このルールじゃないと絶対勝てないってことはないので、自分のトレードルールを作っていきましょう。

 

トレードルールを作るポイントは2つです。

・シンプルに考える
・トレード検証をして勝ちパターンを見つける

 

順に見ていきましょう。

 

シンプルに考える

“Simple is best”

 

これに尽きるかなと思います。トレードルールはシンプルにするべきです。「小学生でも理解できるルール」という視点で作るといいですよ。

FXで決めるべきルール3選と守り方【ルールを守れないと破滅します】

続きを見る

 

上記の記事を参考にしてみてください。

 

トレード検証をして勝ちパターンを見つける

トレードルールを作るには、検証ソフトを使ってトレードを検証をするといいですよ。

 

「トレーダー = 研究職」なので、実験と検証を繰り返すことで、ご自身のマイルールが必ず見つかります。

 

トレード検証をするときポイントは2つです。

・同じ手法をひたすら繰り返す
・それ以外はやらない

 

同じ手法をひたすら繰り返す

たとえば、押し目買いを検証すると決めたら、ひたすら押し目買いだけを検証します。レンジトレードや他の手法は捨てて、押し目買いを極めましょう。

 

極論、押し目買いを極めれば、押し目買いの必勝パターンを確立できます。それをひたすら繰り返せばOKですね。

 

それ以外はやらない

あれもこれもと色々な手法に手を出せば出すほど、自分のトレードルールがどんどん崩れていきます。相場は難しいので、捨てる勇気が大切です。

 

押し目買いの必勝パターンがあるなら、それ以外は全部捨てましょう。上手なトレーダーほど、自分の勝てるパターンでしか勝負しませんよ。

 

まずは検証ソフトを使って、自分の必勝パターンを1つ確立するといいですよ。検証ソフトのおすすめは、フォレックステスター4(Forex Tester 4)です。

 

【FX】トレードルールを守る

 

トレード検証をして1つの勝ちパターンが見つかったら、それをトレードルールにしましょう。

 

たとえば、押し目買いであれば、

・上昇トレンド相場のとき
・1時間の移動平均線を目安にする
・エントリーは15分足のネックライン抜け

みたいな感じです。

 

トレードルールを作ったら、あとはルール通りにエントリーしていくだけなんですが、ルールを守るのが意外と大変です。

 

トレードルールを守るコツは2つあります。

・宣誓する
・解説する

 

順に解説します。

 

宣誓する

トレードルール通りにエントリーすると宣誓しましょう。Twitterを使うといいですよ。こんな感じです。

 

環境認識

 

エントリー

 

上は私のTwitter( @Shiggy89 )です。朝起きて環境認識をしたら、トレード戦略とエントリー根拠をツイートしています。

 

今のところ、トレードルールを守るにはこれがベストかなと思っています。「ここで押し目買いをします!」とTwitterで宣誓すれば、やるしかないですよね。

 

フォロワーがツイートを見ていますので、宣誓したら実行しないとまずいですよね。宣誓した以上、嘘はつけないので、自分を戒めるためにも効果的ですよ。

 

解説する

Twitterに投稿するのに抵抗がある人は、トレード戦略を声に出して解説しましょう。ポイントは「声に出すこと」です。

 

イメージは実況中継です。

 

「上昇トレンド継続中、押し目買いをする場所はここ、ここまで下がってきたらロングでエントリーします!」みたいな感じでやるといいです。

 

ただし、頭の中だけでやるのはダメですよ。声に出して聴覚に訴えることで、エントリーまでのイメージがより具現化されるので効果的です。

 

【FX】トレードルールが崩れる

 

トレードルールは早かれ遅かれ必ず崩れるときが来ます。

 

愚直に1つの勝ちパターンだけを繰り返せるメンタルがあれば、たぶん大丈夫なんでしょうけど、人間やっぱり欲が出ます。

 

1つの勝ちパターンだけだと物足りなくなり、別の手法に手を出し始めます。ここが1番怖いところで、他の手法に手を出すと、1つ目の勝ちパターンもうまくいかなくなりますよ。

 

ここからは私の経験談です。反面教師じゃないですけど、参考にしていただければと思います。

 

レンジ相場に手を出す

レンジ相場に手を出すと、トレードルールが崩壊します。レンジ相場はトレンド相場よりも難しいからですね。

 

そもそもレンジ相場は、買いと売りが拮抗している場面なので、どっちにいくかわからない相場です。極論、考えても答えが出ないし、考えるだけ無駄かなと思っています。

 

レンジ相場で損切りしまくっていると、トレードルールがどんどん崩壊しますよ。レンジを抜けてトレンドが発生しても、勝ちパターンの押し目買いすら機能しなくなったりするので要注意です。

 

レンジ相場は基本、様子見がいいかなと思います。やるとしても限定的にトレードするのが無難ですね。

【FX】レンジはたった2つのパターンだけを意識すればOKです

続きを見る

 

対抗からトレードをスタート

私は毎朝、環境認識をしたら、買いのシナリオと売りのシナリオを立てます。

 

上昇トレンドであれば「買い = 本命」「売り = 対抗」と名付け、下降トレンドであれば「売り = 本命」「買い = 対抗」になります。

 

ある日のトレードで、対抗のシナリオからトレードをスタートした結果、トレードルールが崩壊したという体験談をお話します。

 

対抗の売りからスタート

この日のトレード戦略はこんな感じでした。

・相場:上昇トレンド
・本命:押し目買い
・対抗:押し目を狙った売り

 

この日は朝の寄付きで、押し目をつけにいく動きから始まりました。押し目の動きを狙ってショートした結果、ここから1日のリズムが崩れました。

 

イメージ通り、押し目買いをする価格まで下がってくれたらよかったのですが、結果は下記のとおりです。

押し目を狙ってショート(対抗)

相場が逆行して損切り

慌ててドテンでロング

下がってきて損切り

 

ほんと最悪ですね。1日のトレードリズムが一瞬で崩れました。しかも、ドテンでのロングは完全にトレードルールを無視していますよね。

 

こうやってトレードルールが崩れていきますので、1日のスタートは本命のエントリーからスタートしたほうがいいですよ。

 

本命のエントリーの方が、相場の流れに沿ってるので簡単です。本命のエントリーでしっかり利益を確保した後に、余力で対抗のエントリーをした方がうまくいきますよ。

 

以上です。トレードのルール作り悩んでいる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

【完全初心者向け】FXの短期トレードのやり方と注意点を解説します

続きを見る

 

-FX
-,

Copyright© Shiggy Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.