FX

【FX】レンジはたった2つのパターンだけを意識すればOKです

FXのトレードをしていると、レンジ相場で負けまくります。レンジにはどんなパターンがありますか?

 

こんな悩みを解決します。

 

読んでほしい人

・レンジで負けまくる人
・レンジのパターンを知りたい人
・レンジトレードを知りたい人

 

この記事を読むと...

・レンジの理解が深まる
・レンジのポイントがわかる
・レンジのパターンがわかる

 

この記事の内容

・【FX】レンジとは?
・【FX】レンジのポイント
・【FX】レンジのパターン

 

【FX】レンジとは?

FX相場には「トレンド相場」「レンジ相場」しかありません。つまり、トレンド相場でないときはレンジ相場レンジ相場でないときはトレンド相場になります。

 

トレンド相場にはトレンド相場の定義があるので、定義に反したらレンジ相場と解釈しましょう。

 

トレンド相場の定義は、ダウ理論を使います。

>> FX相場のダウ理論はたった1つだけでOK【5つの基本原則は不要】

 

【FX】レンジのポイント

レンジのポイントは2つあります。

 

① レンジを予感する
② レンジトレードをする

 

順に解説します。

 

① レンジを予感する

FXのチャートにレンジがあれば誰でも気づけます。レンジに気づいたときにはもう手遅れ、損切りで消耗していませんか?

 

レンジになる前にレンジを予感しておくことが重要です。レンジを予感できれば、前もってレンジに備えることができますよ。

 

レンジを予感する方法は3つあります。

 

・ダウ理論を使う
・移動平均線を使う
・フィボナッチを使う

 

これらの説明の前に、2つ目のポイントを先に確認しておきましょう。

 

② レンジトレードをする

レンジトレードは、時系列順で見ると下記の流れです。

 

・様子見

↓レンジ幅が20PIPS以上あれば

・レンジ下限からロング、レンジ上限からショート

↓レンジをブレイクしたら

・ブレイクした方向についていく

 

レンジは買われてもおかしくないし、売られてもおかしくない相場です。売り買いの決着がついてからエントリーしていくのがいいですよ。

 

レンジを予感する方法とレンジトレードについては、下記の記事で詳しく解説しています。

【FX】レンジ相場を予感できれば無駄なトレードに悩まなくなる

続きを見る

 

こちらの記事を読んでから、次の「レンジのパターン」に進むと理解が深まりますよ。

 

【FX】レンジのパターン

レンジのパターンは2つです。

 

・トライアングル
・ボックス

 

これらは両側パターンとして知られています。両側パターンとは、上にいく可能性もあるし、下にいく可能性があるパターンのことです。

 

チャートパターンについては、【FX】チャートパターン10選を完全マスター【徹底解剖します】の記事を参考にしてください。

 

FX相場のレンジパターン① - トライアングル

【FX】トライアングルは三角保ち合いなのでレンジトレードに徹するべし

続きを見る

 

FX相場のレンジパターン② - ボックス

【FX】ボックスのど真ん中でエントリーするは超危険ですよ

続きを見る

 

まとめ

最後にまとめて終わります。

 

この記事では、レンジのパターンについて解説しました。レンジのパターンは2つです。

 

レンジのパターン

 

・トライアングル
・ボックス

 

レンジのパターンがチャートに出現していれば誰でも気づけますが、気づいたときには損切りで消耗という結果になりかねません。

 

レンジを予感できるようになれば、レンジトレードに向けて準備ができるので、レンジで損切りを繰り返すこともなくなりますよ。

 

レンジのポイント

・レンジを予感する
・レンジトレードをする

 

レンジ相場の対策ができたら、今後はトレンド相場の手法を見てみるといいですよ。

 

トレンド相場の方がレンジ相場よりも簡単で利益を確保できます。

押し目買いと戻り売りの手法を解説します【トレードで勝つ唯一の方法】

続きを見る

-FX
-,

Copyright© Shiggy Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.