FX

【完全初心者向け】FXの短期トレードのやり方と注意点を解説します

2020年6月14日

FXの短期トレードに興味があるんですけど、短期トレードのやり方がわかりません。短期トレードの注意点はありますか?

 

こんな悩みを解決します。

 

読んでほしい人

・FX初心者
・FXの短期トレードに興味がある人

 

この記事を読むと...

・短期トレードの種類がわかる
・短期トレードの注意点がわかる
・短期トレードのやり方がわかる

 

この記事の内容

・【FX】短期トレードの種類
・【FX】短期トレードの注意点
・【FX】短期トレードのやり方

 

【FX】短期トレードの種類

 

FXの短期トレードには2つの種類があります。

 

短期トレードの種類

・デイトレード
・スキャルピング

 

順に解説していきます。

 

短期トレード① - デイトレード

デイトレード(Day Trade)とは、読んで字のごとく「1日のトレード」という意味です。つまり、エントリーから決済までを1日で行うトレード手法です。

 

トレードする通貨ペアにもよりますが、デイトレードでは、1回のトレードで「10PIPS - 50PIPS」の利益を取りにいくのが一般的です。

 

デイトレードとは?

1日の中で「10PIPS - 50PIPS」を狙うトレード手法

 

デイトレードは、1日の中でトレード戦略を考えるのでリスク管理がしやすいのが特徴です。エントリーした後は、損切りと利食いを入れておいて放置するだけなので、常にチャートに張り付いている必要もありませんよ。

 

チャートに張り付いている必要はありませんが、エントリーポイントが来たのにチャートが見れないと、エントリー機会を逃してしまいます。

 

兼業でFXをやっている方だと、エントリーポイントが来たのに仕事中でチャートが見れず、その後焦ってエントリーをして損切りという結果にもなりかねません。

 

デイトレードのメリット

・チャートに張り付く必要がない
・リスク管理がしやすい

 

デイトレードのデメリット

・チャートが見れないと機会損失をする

 

日中は本業のお仕事がある方や主婦の方におすすめな短期トレードです。私がやっていたデイトレードを解説した記事がこちらです。

4時間足トレードがサラリーマンに最適な5つの理由【FX初心者向け】

続きを見る

 

私が、サラリーマン時代にやっていたFXのデイトレード手法を公開します

続きを見る

 

短期トレード② - スキャルピング

スキャルピング(Scalping)とは「スキャルプ(Scalp)」に ing がついた型で、スキャルプとは「頭皮を薄く剥ぐ」という意味です。

 

これが派生して、小さな利益を稼ぐトレード手法をスキャルピングと言います。1回のトレードで「5PIPS - 10PIPS」の利益を数分間で取るトレード手法です。

 

スキャルピングとは?

数分間で「5PIPS - 10PIPS」を狙うトレード手法

 

スキャルピングは、短時間で利益を取りにいくため、数分の間で稼げるというメリットがあります。また、エントリー方向とは逆に相場が動いたらすぐに損切りをすればいいので、大きな損失にもなりません。

 

一方で、1回のトレードでの大きな損失を防ぐことができますが、と損切り回数が増えると、結果大きな損失になる可能性があります。

 

また、スキャルピングは数分間での勝負になるので、チャートに張り付いている必要がありますよ。

 

スキャルピングのメリット

・数分で稼げる
・大きな損失にならない

 

スキャルピングのデメリット

・コツコツ損切りが大きな損失になる
・チャートに張り付く必要がある

 

スキャルピングは数分間という短い時間で稼げるといったメリットがありますが、難しいので初心者の方にはおすすめしません。

 

まずは、デイトレードからスタートして、慣れてきたらスキャルピングに挑戦してみるのがいいかなと思います。

 

次の短期トレードの注意点を確認しながら、ご自身の生活スタイルにあった短期トレードを選ぶようにしましょう。

 

【FX】短期トレードの注意点

短期トレードの注意点は3つあります。

 

短期トレードの注意点

  • 短期トレードに適したFX会社を使っているか?
  • 短期トレードに適した通貨ペアを選択しているか?
  • 短期トレードに適した時間でトレードしているか?

 

順に解説していきます。

 

短期トレードに適したFX会社とは?

短期トレードをするなら、スプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしましょう。

 

スプレッドとは?

簡単に言うと、スプレッドとは、1回のトレードをするときにFX会社に支払う手数料のことです。
※ 厳密には違いますが、最初はこの認識でOKです

 

何回、何十回、何百回とFXのトレードをしていきますので、1回のトレードの手数料は安いほうが当然いいですよね?

 

なので、短期トレードをする場合は、なるべくスプレッド(手数料)が安いFX会社を選びましょう。

 

おすすめは、DMMLINEです。

短期トレードに適した通貨ペアとは?

通貨ペア選びはとても重要です。最初から難しい通貨ペアでトレードするのはNGですよ。

 

結論、ドル円一択です。まずは、ドル円だけをトレードして練習するのがいいですよ。

FXの通貨ペア選びに迷っている人は時間を無駄にしてる話【結論、◯◯一択です】

続きを見る

 

短期トレードに適した時間は?

ご自身の生活スタイルにもよりますが、トレードする時間が朝なのか、昼なのか、夜なのかによって相場の値動きが変わってきます。

 

日中にお仕事がある方であれば、トレードする時間は夕方から夜になりますし、主婦の方であれば、お昼にトレードできますね。

 

トレード時間による相場の値動きの違いは、下記の記事を参考にしてください。

FXのトレードが24時間できる仕組みを解説します【祝日OK】

続きを見る

 

【FX】短期トレードのやり方

 

スキャルピングは初心者の方には難しいので、ここではデイトレードのやり方を解説していきます。

 

まずは、短期トレードの流れを見ていきましょう。

 

短期トレードの流れ

① 環境認識
② トレード

 

ざっくりと2つです。順に解説します。

 

① 環境認識

環境認識とは、相場の流れを分析して、その日のトレード戦略を立てることです。

 

具体的な環境認識のやり方は、下記の記事でまとめています。

朝起きて環境認識をすれば、FXトレーダーの仕事はほぼ終了です

続きを見る

 

② トレード

短期トレードをするときは必ず、ダウ理論を使って相場がトレンド相場かレンジ相場かを判断しましょう。

FX相場のダウ理論はたった1つだけでOK【5つの基本原則は不要】

続きを見る

 

トレンド相場

上昇トレンドであれば押し目買い、下降トレンドであれば戻り売りでトレードします。

押し目買いと戻り売りの手法を解説します【トレードで勝つ唯一の方法】

続きを見る

 

レンジ相場

レンジ相場は、上にも下にもいく可能性がある相場なので、基本は様子見をします。レンジ相場によっては、トレードするチャンスがありますよ。

【FX】レンジはたった2つのパターンだけを意識すればOKです

続きを見る

 

まとめ

最後にまとめて終わります。

 

この記事では、FXの短期トレードについて解説しました。

 

短期トレードのポイント

・短期トレードの種類
⇒デイトレード or スキャルピング

・短期トレードの注意点
⇒スプレッド、通貨ペア、FX会社

・短期トレードのやり方
⇒環境認識をしてトレード

 

以上です。FXのトレードを始めると、いろいろなチャートパターンに気づくと思います。チャートパターンは決まっているので、マスターしておくといいですよ。

【FX】チャートパターン10選を完全マスター【徹底解剖します】

続きを見る

-FX
-,

Copyright© Shiggy Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.