FX

【ドル円相場分析 2020/6/8(月)〜6/12(金)】先週の約250PIPSの上昇を打ち消し、 約320PIPSの大陰線になった理由を分析します

2020年6月13日

今週のドル円のトレードがうまくいきませんでした。

 

今週(2020/6/8(月)〜6/12(金))のドル円相場を分析します。

 

ドル円4時間足チャート

 

今週のドル円相場のポイントはざっとこんな感じです。

 

2020/6/8 (月)


  • オーバーシュートに気づけたか?
  • 押しの下降トレンドに気づけたか?

 

2020/6/9 (火)


  • 上位足の押し目買いゾーンに騙されなかったか?
  • 1時間の移動平均線を意識できたか?

 

2020/6/10 (水)


  • 上位足の押し目買いゾーンに騙されなかったか?

 

2020/6/11 (木)


  • 1時間の移動平均線を目安にショートできたか?

 

2020/6/12 (金)


  • ダブルボトムを認識できたか?
  • チャートパターンを認識できたか?

 

目次

・2020/6/8 (月) ドル円相場分析
・2020/6/9 (火) ドル円相場分析
・2020/6/10 (水) ドル円相場分析
・2020/6/11 (木) ドル円相場分析
・2020/6/12 (金) ドル円相場分析

 

2020/6/8(月) ドル円相場分析

月曜日の寄付き - 1時間足チャート

 

月曜日のドル円相場のポイントは2つです。

・オーバーシュートに気づけたか?
・押しの下降トレンドに気づけたか?

 

順に解説します。

 

オーバーシュートに気づけたか?

月曜日の寄付きの時点で、チャネル上限をオーバーシュートしています。

 

1時間足チャート

 

このオーバーシュートどう見るかで月曜日のトレードが変わってきたかと思います。

チャネルラインでFX相場のリズムを掴もう【相場音痴でも大丈夫】

続きを見る

 

上昇トレンド継続中なので買い先行でOKなのですが、チャネルをオーバーシュートしてたので「押しが入るんじゃないか?」と予感はできましたね。

 

押しの下降トレンドに気づけたか?

下記、15分足チャートをご覧ください。

 

15分足チャート

 

図の押し目買いゾーン(青)で、私も押し目買いを考えていました。

 

押し目買いゾーンで2番底(水色)になったので、切り下げラインブレイクでロングしました。

 

月曜日の1番のポイントはここです!

 

この後、押し目買いが入らずに、ネックラインと戻り売りゾーンでレジスタンス(緑)されてしまったので、「押しの下降トレンドが継続するんじゃないか?」という視点を持てたかがポイントだったかなと思います。

 

押し目買いゾーンではあるが、押しの下降トレンドが継続しているので、安値更新後の戻りを待ってショートしたのがこちらです。

 

ただ、この後のトレードは失敗しました…

 

「押し安値 + チャネル下限」から1点目でロングしましたが、あえなく撃沈。少なくとも下降波のダウが崩れてからエントリーですよね。反省です。

FX相場のダウ理論はたった1つだけでOK【5つの基本原則は不要】

続きを見る

 

2020/6/9 (火) ドル円相場分析

火曜日は下降トレンドに沿って戻り売りの日でした。4時間の押し目買いゾーンに入ってきたからといってロングしなかったですか?

 

火曜日の寄付き - 1時間足チャート

 

火曜日のドル円相場のポイントは2つです。

・上位足の押し目買いゾーンで騙されなかったか?
・1時間の移動平均線を意識できたか?

 

順に解説します。

 

上位足の押し目買いゾーンで騙されなかったか?

下記の図をご覧ください。

 

1時間足チャート

 

たしかに4時間足の押し目買いゾーン(青)に入ってきたので、ここから買われる可能性はありました。

 

ただ、買われるにしてもいきなり買われることはないですね。ダブルボトムを作ってから買われていきますので、図の水色あたりでロングしちゃってたらダメですよ。

 

1時間の移動平均線を意識できたか?

加えて、火曜日の段階では、まだ1時間の移動平均線の下で価格が推移していたので、買うにしても1時間の移動平均線を上にブレイクしてからです。

MT4おすすめインジケーター2選【チャートはシンプルにしましょう】

続きを見る

 

2020/6/10 (水) ドル円相場分析

水曜日も火曜に引き続き、戻り売りの日でした。注意点は火曜日と同じで、押し目買いゾーンだからといって早まってロングしないことですね。

 

水曜日の寄付き - 1時間足チャート

 

かく言う私も、小さいダブルボトムからロングのエントリーをしました。もちろんこのロングは建値で逃げましたが、素直に戻り売りすればよかったです。

 

どこで戻り売りするかですが、水曜日は寄付きのフラッグを使って戻り売りしないと、その後はショートしにくい相場でしたね。

 

15分足チャート

 

エントリーするポイントは2つです。戻り売りゾーンとフラッグの上限(水色①)を使ってのショートか、フラッグ抜け(水色②)でのショートです。

 

2020/6/11 (木) ドル円相場分析

木曜日も火曜、水曜に引き続き戻り売りの日でした。ロングは捨て、素直にショートできたかがポイントです。

 

木曜日の寄付き - 1時間足チャート

 

木曜日の戻り売りのポイントはこちらです。

・1時間の移動平均線を目安にショートできたか?

 

火曜、水曜と1時間の移動平均線でサポートされて下がってきていますので、これを目安に戻り売りすればOKですね。

 

15分足チャート

 

2020/6/12 (金) ドル円相場分析

金曜日はいよいよ買いのターンになりました。

 

金曜日の寄付き - 1時間足チャート

 

金曜日のポイントは2つです。

・ダブルボトムを認識できたか?
・チャートパターンを認識できたか?

 

順に解説します。

 

ダブルボトムを認識できたか?

ダブルボトムは有名は反転パターンですね。ダブルボトムが出現したので、買いのターンになるかなと予感はできたかと思います。

【FX】ダブルトップはチャートに現れる前に予感しましょう

続きを見る

 

15分足チャート

 

エントリーポイントは2つです。1つ目は、ネックライン下にできたブロック(水色)の上抜けでロング。ちょうど1時間の移動平均線も上にブレイクしたポイントです。

 

もしここでエントリーできなければ、押し目買いゾーンを使ってのロングになりますが、今回は押し目買いゾーンまで下がってこなかったので、レクタングルの2点目でロングすればOKですね。

 

押し目買いゾーン

押し目買いの意味をわかりやすく解説します【完全初心者向け】

続きを見る

 

レクタングル

【FX】レクタングルとボックスは似ていますが役割が全然違います

続きを見る

 

以上が、今週(2020/6/8(月)〜2020/6/12(金))のドル円相場の分析です。

-FX
-, ,

Copyright© Shiggy Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.