FX

【FX】ウェッジは意外と知られてない反転パターンです

2020年6月2日

FXのトレードをしています。チャートパターンのウェッジってなんですか?ウェッジの使い方、トレード方法を知りたいです。

 

こんな悩みを解決します。

 

読んでほしい人

・FX初心者
・ウェッジをマスターしたい人

 

この記事を読むと...

・ウェッジの理解が深まる
・ウェッジの使い方がわかる

 

この記事の内容

・【FX】ウェッジとは?
・【FX】ウェッジの出現場所
・【FX】ウェッジの使い方

 

【FX】ウェッジとは?

ウェッジとは、くさび型をしたチャートパターンの1つです。

 

 

上昇トレンド中に出現したウェッジを「上昇ウェッジ」、下降トレンド中に出現したウェッジを「下降ウェッジ」と言います。

 

FXには有名なチャートパターンがいくつか存在します。ウェッジの解説に入る前に、チャートパターンを確認しておきましょう。

 

FXのチャートパターン

チャートパターンは大別すると3つあります。

 

FXのチャートパターン

・継続パターン:トレンドと同じ方向にいく
・反転パターン:トレンドと逆の方向にいく
・両側パターン:どちらにもいく可能性あり

 

継続パターン、反転パターン、両側パターンにはそれぞれ下記のチャートパターンが存在します。

・継続パターン:フラッグ、ペナント、レクタングル
・反転パターン:ダブルトップ(ボトム)、(逆)三尊、ウェッジ
・両側パターン:トライアングル

 

この記事は、反転パターンのウェッジに焦点を当てています。

 

他の反転パターンについては、下記の記事を参考にしてください。

 

三尊・逆三尊

【FX】三尊は○○の変形パターンと認識すればスッキリします

続きを見る

 

ダブルトップ・ダブルボトム

【FX】ダブルトップはチャートに現れる前に予感しましょう

続きを見る

 

FXの教科書を見ると、ウェッジは両側パターンと書いてありますがウェッジは反転パターンです。

 

理由は後半で解説します。

 

ではさっそく、ウェッジを見ていきましょう。

 

【FX】ウェッジの出現場所

ウェッジはトレンドの終盤に出現することが多いです。

 

 

注意点は「ウェッジの出現 = トレンドが終わる」ではなく「ウェッジの出現 = そろそろトレンドが終わるかも」が正しい解釈です。

 

トレンドの終盤に出現するのが反転パターンのウェッジですが、FXの教科書には継続パターンのウェッジも紹介されています。

 

こんな感じです。

 

 

たしかに、FX相場には上図のパターンも出現しますが、

継続パターンは「ペナント」、「フラッグ」、「レクタングル」の3パターンで十分です。

 

逆に、継続パターンのウェッジをチャートに当てはめようとすると、返ってトレードが難しくなりますので、反転パターンのウェッジだけ使うようにしましょう。

 

意外と知られてないですが、反転パターンのウェッジは役立ちますよ。

 

では、ウェッジの使い方を見てきましょう。

 

【FX】ウェッジの使い方

ウェッジの使い方は3つです。

 

ウェッジの使い方

① トレンドの終焉を予感する
② ウェッジブレイクの逆張り
③ レンジ幅を決める

 

順に解説していきます。

 

① トレンドの終焉を予感する

ウェッジはトレンドの終盤に出現しますが、チャネルラインを使うと更にウェッジが明確になります。

 

 

チャネルラインに這いつくばるようにウェッジが出現したら、そろそろトレンドの終盤だと予感しましょう。

 

なお、チャネルラインについては、チャネルラインでFX相場のリズムを掴もう【相場音痴でも大丈夫】の記事を参考にしてください。

 

② ウェッジブレイクの逆張り

上昇ウェッジ下限をブレイクしたらショート、下降ウェッジの上限をブレイクしたらロングします。

 

 

利確目標はウェッジの起点ですが、ブレイクからウェッジの起点までの値幅が20PIPSほどあればエントリーします。

 

値幅が20PIPS以下であればエントリーを見送りましょう。

 

ウェッジブレイクの逆張りは難しいので、初心者の方は無理にやらなくてOKです。

 

ウェッジを使って「① トレンドの終焉を予感する」「③ レンジ幅を決める」ができれば十分ですよ。

 

③ レンジ幅を決める

経験的に、ウェッジの起点とウェッジの先端の間がレンジになることが多いです。

 

こんな感じです。

 

 

FXでは、トレンド相場が終わるとレンジ相場になります。

 

FX相場

トレンド → レンジ → トレンド → レンジ → …

 

トレンドの終盤にウェッジが出現したら、ウェッジの起点とウェッジの先端の間がレンジになると予感しておきましょう。

 

そうすれば、レンジ相場への準備ができますよ。

 

なお、レンジ相場のトレードについて詳しくは、【FX】ボックスのど真ん中でエントリーするは超危険ですよの記事を参考にしてください。

 

まとめ

最後にまとめて終わります。

 

この記事では、反転パターンのウェッジについて解説しました。

 

一般的にウェッジは両側パターンとして知られていますが、継続パターンのウェッジは必要ないです。

 

反転パターンのウェッジのみ活用しましょう。

 

ウェッジ

・反転パターンのチャートパターン
・トレンドの終盤に出現する
・ウェッジに値幅があればブレイクで逆張り
・ウェッジの起点と先端の間がレンジになる

 

ウェッジの使い方

・トレンドの終焉を予感する
・レンジの上限と下限の目安を決める

 

以上で、反転パターンは終了です。次は、両側パターンのトライアングルをマスターしましょう。

【FX】トライアングルは三角保ち合いなのでレンジトレードに徹するべし

続きを見る

-FX
-,

Copyright© Shiggy Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.